1. HOME
  2. 伊和ジャーナル
  3. まちの話題
  4. 秋の全国交通安全運動

秋の全国交通安全運動

今年も秋の全国交通安全運動が9月21日から30日まで行われる。運動期間最終日の30日は、「交通事故死ゼロを目指す日」となっている。重点目標は次の通り。(参考:内閣府発行・全国交通安全運動パンフレット)
▽子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保…歩行者が横断中の交通事故が多発しています。交差点では信号を守るとともに、横断歩道でも走行車両がないことを確認してから渡りましょう。
最高速度30キロの区域規制とスムーズ横断歩道等の適切な組み合わせにより、人傷先の安全・安心な通行空間を目指しています。地域・家庭で、日頃から通学路等の安全を確かめましょう。
▽夕暮れ時と夜間の歩行者事故等の防止及び飲酒運転の根絶…横断歩道は歩行者優先で、運転者には横断歩道手前での減速義務や停止義務があります。また、秋になると日没時間が早まります。夕暮れ時は、早めのライト点灯を心掛けましょう。
飲酒運転は、極めて悪質・危険な行為です。「飲酒運転を絶対にしない、させない」という強い気持ちを持ちましょう。また歩行者や他の車両に対する「思いやり・ゆすり合い」の気持ちを持った運転を心掛けましょう。
▽自転車の交通ルール遵守の徹底…自転車のヘルメット非着用時の致死率は、耀用時と比べて高くなります。自転車に乗る時は、大人も子供もヘルメットを必す瘤用しましょう。
自転車にも交通ルールがあります。自転車安全利用五則=①自転車は、車道が原則、歩道は例外②車道は左側を通行③歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行④安全ルールを守る⑤子どもはヘルメットを着用

| まちの話題